なぜ小学校受験しようと思ったか?改めて夫婦で考えてみた【母親編】

  小学校受験が終わり、年末年始で親族や友人と会う機会が増え、その際に聞かれる事の多かったこの問いについて、改めて夫婦で話してみました。

なんで小学校受験しようと思ったんですか?

正直、受験の終わった今でもその理由や意義について、確信をもってこれ!といえる答えはありません。まだまだ探している旅の途中です。その中でも、これかもしれないね、というものをご紹介したいと思います。

前回の父親編に続き、今回は母親編です。ぜひ両方読んで、小学校受験や子育てに対する考え方の違いを感じて頂けたらと思います。

母親編まとめ

① 周りに影響されやすい娘

② 教育について関心が強い

③ 子供との時間

①環境

娘は周りの環境に影響されやすい方、別の言い方をすれば憧れ意識が強いです。一般的に年中-年長ぐらいの女の子に良く見られる傾向ではあります。

好きなTVを見ても良い、となるとフェアリージャパン(新体操)の試合ばかり見る、解説者のコメントまで憶える。そして小学生になったら新体操を習いたいと言う。

電車で制服を着た学生さんを見て、私もあぁやって電車に乗って制服着て学校に行きたいと言う(行きたい人みんなが行ける訳じゃないのよ、と諭す)。

特に小学校などの幼少期のうちは、周りに目標となる人が沢山いてくれる環境が娘にとって良いのでは?と考え始めました。子供が大学生になるまでが親の役割だと仮定して、それまで子供が置かれる環境が私立や国立、公立で何が良くて何が悪いか答えなんて出せません。ですから、その時々でベストだと思われる環境を選択する、という結論に至りました。

・公立より私立/国立が良いの?(通ってみないと分かりません。。)

・小学校から高い学費で通わせるほどなの?(受験して合格しないと通わす権利さえありませんが・・)

・中学受験で良いじゃん?(6-7年も先の未来の話、今しますか?)

仰る気持ちは良くわかります、私たちも初めはそう思ってましたから。でも我が家は選択肢の中から小学校受験を選び、私立小を選択した、それが娘にとってベストな環境だと思った、それだけの事です。それだけの事ですが、これが周りに流されない為に最も大切なことです。

もし同様の質問で周りと距離を感じて悩まれているご家庭があれば、ぜひ我が家はベストな選択をしていると信じて進んでいって欲しいと思います。

②教育への関心

高校や大学受験に比べ、どうして小学校受験はそこまで話題にならないのだろう?と思っています。別にやらなくても良いものだから、という背景は理解してますが選択肢が増えるというメリットは見過ごせない、と感じてます。そういった興味、関心が受験に繋がりました。

〇〇歳までに子供の能力は決まる、幼少期は英語より日本語、東大生の習い事、など有名誌などで特集されると必ず登場する幼児教室。

通わせるメリットって何でしょう・・・?

親の意識改革だと思うのです。通わせていらっしゃるご家庭の親御さんは総じて教育への関心が高く、お子さんの事を良く観察していらっしゃいます。子育ての悩みを先生や周りの方と共有して、情報を集めています。そういった環境に身を置くことで、自然と自分自身も気持ちと行動が変わっていきます。

育児書を読み終わって、良いなと思ったことを即実践!でも日々の忙しさに追われて、その思いはどこへやら・・ということ良くありませんか?ましてや、兄弟姉妹がいたりしたら尚更です。意識改革どころではありませんよね。でも、週一回でも例えば幼児教室に通って意識をリセットする、周りで頑張っている親御さんにパワーをもらう、見習うことができれば日々の行動も少しずつ変わると思いませんか。まさに私自身がそうでした。子どものための教室と思っていたものが、実際は親のモチベーションを定期的に(毎週)回復させる機会、に変わっていたのです。

お子さんの小学校受験に少しでも興味がある方は、教育への関心が高い方が集まる環境に行ってみることをオススメ致します。

③子供との時間

毎日を丁寧に過ごす、とは小学校受験で良く言われるものです。忙しさを理由にスピード重視で先回りしてやってしまい、子どもの成長や自立の機会を奪ってやいませんか?ということです。

自分で靴を脱ぎ履きする、揃える、翌日の保育園の準備をする、事から始まり毎日決まったお手伝いをする、料理ができる、買い物に一人で行ける、数駅なら電車に乗って帰ってこれる、などなど。全て5歳でもできます。

別に5歳でやらせなくても、そのうちみんなできます。だから、出来ることがスゴイことでも何でも無いのです。できるようになるまで、親がサポートし、アドバイスし、寄り添う時間があり、それがとても大切だと思うのです。つまり、色々な経験を通して子供と真剣に向き合う時間を積極的に作るということです。

仮にそれが受験のため、だとしても共働きで限られた時間を経験に使いたいと考えました。小学校受験はまさに、経験の積み重ねであり、真剣に子どもと向き合うことが求められていると知り、この機会を逃してはならないと思うようになりました。

実際に、子供との時間は圧倒的に増え、経験させたいこと、逆に子供からやってみたい!と言ってきたことで溢れ、受験が終わった今も消化し切れていない程です。ここまで好奇心が旺盛だとは思ってもいませんでした。

小学校受験は、親子の大切な時間を取り戻し、親自身が教育への関心を持ち続けるための最強ツールの1つなのかもしれません。

受験が終わってやりたかったこと【水泳教室とその先にあるもの】

 共働きで習い事は土日集中型ですので、受験期間中は通わせてあげられませんでした。土曜は体操教室と幼児教室、日曜は模試にゼミにとバタバタ続き。あの頃が嘘だったかのように、今は休日らしい休日を過ごしています。それでも娘は何だか手持無沙汰。

とのことで、スキーに続いてやりたい習い事!の水泳教室に空き状況を確認。土曜はキャンセル待ち多数で、いつ案内できるか不透明。おぉそれならこっちはどう?と聞くも。。同じ結果。

結局、5教室に問い合わせましたが、どこも土曜の空きはゼロ。そりゃそうですよね、子どもの習い事ランキング1位に君臨する水泳、しかも共働きが増えてきた中で土曜に集中するのは当然の結果。ちょっと見通し甘かった。というか、そこまで考える余裕が年末までなかった。。

焦っても仕方が無いので、体験レッスンを受けながら、どこの水泳教室が楽しいか?を娘と相談しつつ繰り上げの連絡を待とうと思います。

年明け早々に予約できた体験レッスンを受けてきましたが、感想は上々。もうその気になってお風呂でもブクブクブクーと練習しています。積極的に輪に加わってガンガン発言していくタイプではないですが、興味を持ったことについては、体験レッスンやってみたい!と積極的。そこには一人で入るにしても躊躇がないのが、親としても心強い。小学校受験を決めてから色々なことに家族で挑戦してきたので、それが良い基盤となっているのかな、どうなのかな、と思っています。

サントリーの “やってみなはれ” の精神ではないですが、“経験に勝るものなし、まずはやってみよう” というのが我が家のモットーです。小学校受験を始めたキッカケもそこですね。

水泳を始める理由は、全身運動で丈夫な体を作って欲しい、水泳の授業が苦にならないように、夏のプールを思いっきり楽しめるように、と沢山ありますが、クロールができる様になった、タイムが上がった、2個メが完泳できた、自己ベストが出た!と自分の中で少しずつでも成長を続け、自信を付けていってくれたら良いな、と思っています。

受験が終わり、新たな一歩を踏み出しました!