美術館で子供の直感力を育む

 皆さんは未就学児を連れて美術館に行ったことがあるでしょうか?

海外の美術館に行かれたことのある方は、子供達の姿にビックリした経験がある方も多いのではないでしょうか。私はルーブル美術館の床に10人くらいの幼児が座り込んで、色鉛筆で思い思いにお絵描きををしている姿をみて衝撃を受けたのと同時に、こういった寛容な受け入れ体制が美術・芸術をより身近なものにしているのだなぁと思いました。

日本ではどうでしょうか?

静かな雰囲気の中でじっくり鑑賞する、みんな解説のテープを聴きながら一つ一つ絵の前で立ち止まる(そんな時間が欲しい・・)。子供と行くと、もはや誰が最初に名画を見つけられるかゲーーーム!状態。小走りで展示室を回り、「真珠の首飾りの少女」あったー!はい、次!牛乳注いでるの探そう!

こんな感じで、私のフェルメール展は2-3千円/15分で終了。

いいんです、子どもですから。ゆっくり見れるなんて思ってないですし、それも承知でチケット購入しています。本物を見て、何か感じてくれるだけでいいんです。

ここは静かにするところ!走らない!横入りしない!おしゃべりしない!子供が来る場所じゃないわよ的な目で見る・・・各展示室にいる美術館員の方からさえもその雰囲気をひしひしと感じます。これでは、子連れは二度と来ないですし、そんな子たちは大人になってもきっと美術館に行かないでしょう。それって誰にとっても不利益でしかないですよね・・・仮に迷惑な子供がいたとしても、一つの絵の前にいる時間なんて数秒です。

ですから、子ども達が美術館にいたら、ぜひ温かい目で見守って欲しいです。例えゲームや宝物探し感覚で絵画を数秒見るだけでも、子どもの感性に大きな刺激を与えているのは確かです。

周りの冷たい視線にもめげずに、足しげく美術館に通った時期がありました。ふとNHKの美術番組を見ていた際に、縦にシュッと伸びた聖火トーチのような作品が出てきました。これなんだろうね~と大人が不思議がっている中、「え、翼でしょ、羽だよ」と娘。本当にタイトルが羽でした。

美術館に通っていたからなのかは分りませんが、子どもの純粋な感性に驚いたのと同時に「直感」を大切に育ててあげたい、と強く思いました。本物を見て何かを感じることができる機会を、美術館に子連れで行きづらいからという理由で無くしてはいけないし、わずかな滞在時間で数千円も・・・なんて計算してはいけません。本物をわずか数秒見せただけで、子どもの直感力は磨かれる!とポジティブに考えていきたいですね。

週末は思い切って美術館に家族で行ってみませんか?

BOOKOFF SUPER BAZAARで子供のスキー2セットを購入

 BOOKOFF SUPER BAZAARはブックオフの大型店舗で、何でも売っています。しかも安い。中古品に抵抗がない方にとっては天国みたいな場所です。我が家のアウトドア関連グッズは大体こちらで購入しています。

さかのぼる事10年以上前、大学の先輩に初めに連れて行かれたのがこの場所。無名のウェットスーツを3,000円で購入。え、こんなに安く買えるの?と驚いて以来からのファンです。新品で購入したら数万するウェットスーツ、大学一年生には高すぎます。

その後、何度かウェットスーツをここで新調(中古ですが・・)、スノボのフルセットも購入して学生時代を共に謳歌しました。

中古市場は、メルカリ、ジモティ、オークションサイトと色々ありますが、現物を手に取って見れる、試着できるというのは店舗型の最大のメリットです。今回は多摩永山店で、子供のスキーセットを購入してきました。子どものシーズン物は、翌シーズンには小さくて使えなくなってしまう事も度々。また毎回レンタルするぐらいなら、購入してしまった方が安く済むこともあります。ブーツは試着して、サイズ確認できるので安心です。ビックリするくらい品揃えも充実しているので、新品を購入予定の方も一度来てみると気持ちが変わるかも?

我が家は子供3人ですので、スキーなんかは1セット買ってしまえば代々使えるのでレンタルより断然お得です。

今回の購入品はコチラ。

スキー板(Kazama)

117 cm  9,073 円
ブーツ 18 cm     590 円

スキー板(Elan)

100 cm  8,255 円
ブーツ 16 cm     800 円
合計 2セット 18,718 円

ストックはスクールでも使っていなかったので、購入しませんでした。同じ商品をネット検索してみるとほぼ同じ価格で出回っていました。ちなみに有料ですが、その場でビンディングの調整もやってくれます。

スキーレンタルは3,000円/日/人(ふじてんスノーリゾート)なので、3回/シーズン行ければ元が取れる計算です。1月は日帰り、2月と3月は泊りで行く予定なので、今シーズンで5日くらいは行けそうです。

なんなら大人も買ってしまった方が、レンタルよりお得です。もうサイズが小さくなる事もないので。ウェアから手袋、帽子、ゴーグル、ヘルメットなど一式揃うので、これからスキー始めようという初心者の方にもオススメ!

日帰りスキーが思いの外、コスト高でした。こういう事から節約していきます。

【2020年大晦日】幸龍寺(世田谷区北烏山)で除夜の鐘を撞いてきました。

 コロナ禍で遠出するのも控え気味で、静かな年越しになるかな、とのんびり過ごしていたら「せいかつの図鑑(小学館)」を見ていた5歳児が、今年は除夜の鐘を撞きに行きたい!と提案。

子どもがやりたい!と言ったらまずはやってみる!そう決めたんです。

とのことで、真夜中に自転車で行って除夜の鐘を撞けるお寺を調べてみました。

安養寺(吉祥寺)

吉祥寺通りと五日市街道が交わった交差点に位置する武蔵野八幡宮のすぐ隣。
吉祥寺駅からも徒歩10分足らず。

お寺に電話して問い合わせたところ、今年は一般の方への開放(鐘撞き)は中止とのこと、残念ですが仕方ありません。

◆安養寺(真言宗)
住所:武蔵野市吉祥寺東町1丁目1−21
電話:0422-22-2248

幸龍寺 妙祐山(北烏山)

国学院久我山から真っすぐ延びる寺町通り沿いに多くの寺院が並んでおり、幸龍寺もその一つです。久我山病院の横の松葉通りを5分ほど進み、住宅街を抜けたところにあります。

あまり期待せず電話してみると、例年通り一般公開するとのこと。2本目の電話でいきなりヒットしラッキーでした。
念のため、真夜中に起きて、スキーに行くみたいな格好で、しかも並んで待つけどどうする?と聞く。
間髪入れずに行く行く!との答えが返ってきました。

こんな寒い中!と思ってるのは大人だけのようです。。。

21:00 子供達は就寝

22:45 長女を起こして着替え、準備

23:05 幸龍寺に到着
   既に10組ほど並んでましたがまだ空いてる印象

23:30 昼の電話では開門と聞いてたが、まだ開かず

23:40 開門してようやく境内へ
   檀家の方優先で鐘撞開始

24:00 初めての除夜の鐘!カーン!
   初詣も済ませて帰宅

並んでる間も文句ひとつ言わず、初めての状況を楽しんでいましたので、寒い中行って良かったなと思います。思い返してみれば、自分自身も人生で初めて除夜の鐘を撞きました。ゴゥォ~ンというより、カァーンという感じでした。自宅で聞こえる鐘の音とはまた違いますね。

我が家の大晦日の恒例行事となりそうです。
つま先からジンジン冷えてくるので、靴下2枚重ね+スニーカーは風を通すので控えた方が良いですね。

2021年を思いがけない行事を通して迎えられたことに感謝しつつ、家族の健康を祈願して眠りにつきました。

◆幸龍寺 妙祐山(日蓮宗)
住所:世田谷区北烏山5丁目8−1
電話:03-5314-7010