受験が終わってやりたかったこと【水泳教室とその先にあるもの】

 共働きで習い事は土日集中型ですので、受験期間中は通わせてあげられませんでした。土曜は体操教室と幼児教室、日曜は模試にゼミにとバタバタ続き。あの頃が嘘だったかのように、今は休日らしい休日を過ごしています。それでも娘は何だか手持無沙汰。

とのことで、スキーに続いてやりたい習い事!の水泳教室に空き状況を確認。土曜はキャンセル待ち多数で、いつ案内できるか不透明。おぉそれならこっちはどう?と聞くも。。同じ結果。

結局、5教室に問い合わせましたが、どこも土曜の空きはゼロ。そりゃそうですよね、子どもの習い事ランキング1位に君臨する水泳、しかも共働きが増えてきた中で土曜に集中するのは当然の結果。ちょっと見通し甘かった。というか、そこまで考える余裕が年末までなかった。。

焦っても仕方が無いので、体験レッスンを受けながら、どこの水泳教室が楽しいか?を娘と相談しつつ繰り上げの連絡を待とうと思います。

年明け早々に予約できた体験レッスンを受けてきましたが、感想は上々。もうその気になってお風呂でもブクブクブクーと練習しています。積極的に輪に加わってガンガン発言していくタイプではないですが、興味を持ったことについては、体験レッスンやってみたい!と積極的。そこには一人で入るにしても躊躇がないのが、親としても心強い。小学校受験を決めてから色々なことに家族で挑戦してきたので、それが良い基盤となっているのかな、どうなのかな、と思っています。

サントリーの “やってみなはれ” の精神ではないですが、“経験に勝るものなし、まずはやってみよう” というのが我が家のモットーです。小学校受験を始めたキッカケもそこですね。

水泳を始める理由は、全身運動で丈夫な体を作って欲しい、水泳の授業が苦にならないように、夏のプールを思いっきり楽しめるように、と沢山ありますが、クロールができる様になった、タイムが上がった、2個メが完泳できた、自己ベストが出た!と自分の中で少しずつでも成長を続け、自信を付けていってくれたら良いな、と思っています。

受験が終わり、新たな一歩を踏み出しました!