小学校受験の「家庭の教育方針」なんて何でも良い?その①

 新年長にクラス替えとなり、教育方針も本格的に考えないとなぁ・・・と思われているご家庭も多いのではないでしょうか?我が家も、手探り状態でどうする?ってどうやって決めんのよ?という状態でした。そもそも、子供生まれて以来、そんな企業理念みたいのを掲げて日々子育てしてきてないんですが、と言いたい。

 ただちょっと冷静になれば何事もただ漠然と進めるよりは、まず大きな目標を掲げることは大切だと判ります(わかってるけどさ・・)。受験日に向かって日々忙しくなり、体力的にも精神的に辛い状況に追い込まれていきます。そういった時に、ふと立ち返ることができるのが家庭の教育方針、だと思います。合格に向かって邁進する自分自身を少し客観的に見つめ、我が家はどこに向かっているんだっけ?〇〇小学校に入学すること、がゴールじゃないよね?と思えます。そうすることで、子どもへの接し方もまた変わってきます。

それぐらい大事なものになってきますので、しっかりとご夫婦で時間を取って話し合ってみることをお勧めします。美味しいコーヒーでも淹れて、ゆっくりと子供の将来について語ってみるのも良いものです。

ここからは我が家流のやり方をお伝えします。

教育方針なんて何でもよい

 

① 行動が伴っているか

② 夫婦で共通認識となっているか

③ 今の子どもにあっているか

少し尖った言い方になりましたが、本音を言えば”正直何でも良い”です。要は方針を家族で共有し、行動に移せているかが重要、とこの一年を振り返り改めて思います。

①行動

 私どもの教育方針は〇〇です、と言われた時にそれすごいね、はい合格とはなりませんよね。それに向かって具体的にどんなことを実行して、その結果子どもにどんな変化が生まれたのか?ちゃんと見ていますか、お父さん?というイメージです。事実、女子校の面接では良く聞かれました。

週末は何をして遊びますか?行事で大切にしている事はありますか?最近お子さんと何をして遊びましたか?

こんな質問の答えからも、見えてくるものがあります。アクティブなご家庭なら公園、アスレチック、スキーやキャンプになるのでしょうか。お家でお菓子作り、お絵描き、寸劇、DIYなんかだとお家派、でしょうか。何となく家族像が浮かんできませんか?(もちろんこれだけではないですが。。)

ちなみに我が家は断然アクティブ派。

②共通認識

将来どんな子に育って欲しいか?ご夫婦で思いつく限りキーワードを出してみてはいかがでしょうか?やってみると頭の中も心もスッキリするのでお勧めです。(くれぐれも教育論のぶつかり合いにならぬように・・・)

こんな感じです(これが数枚あります)。

グローバルに活躍、英語、リーダーシップ、協調性、優しさ、挨拶できる、好奇心旺盛 etc …まずは我が子の特性や性格は気にせずに。出し切った後は、同じ様なニュアンスの言葉は繋いで、まとめていきます。

3ワードくらいまで絞れると、やんわりと理想像が見えてきます。お互いどんな思いで子育てし、受験に挑もうとしているのかが見えてくると思います。この作業は、お互いの胸の内を知る=共通認識を持つことが目的です。理想像を作り上げることではありません。

“どんな子に育って欲しいか?”をテーマにしたのは、夫婦それぞれで思いがあるのでキーワードが出てきやすいためです。そんなに時間も掛かりませんので、その辺の裏紙でサクッとやってみて下さい。

③我が子を見て

じゃあ今の我が子はどうでしょうか? ☞ 次回に続く

小学校受験の「家庭の教育方針」なんて何でも良い?その①」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です