【2020年大晦日】幸龍寺(世田谷区北烏山)で除夜の鐘を撞いてきました。

 コロナ禍で遠出するのも控え気味で、静かな年越しになるかな、とのんびり過ごしていたら「せいかつの図鑑(小学館)」を見ていた5歳児が、今年は除夜の鐘を撞きに行きたい!と提案。

子どもがやりたい!と言ったらまずはやってみる!そう決めたんです。

とのことで、真夜中に自転車で行って除夜の鐘を撞けるお寺を調べてみました。

安養寺(吉祥寺)

吉祥寺通りと五日市街道が交わった交差点に位置する武蔵野八幡宮のすぐ隣。
吉祥寺駅からも徒歩10分足らず。

お寺に電話して問い合わせたところ、今年は一般の方への開放(鐘撞き)は中止とのこと、残念ですが仕方ありません。

◆安養寺(真言宗)
住所:武蔵野市吉祥寺東町1丁目1−21
電話:0422-22-2248

幸龍寺 妙祐山(北烏山)

国学院久我山から真っすぐ延びる寺町通り沿いに多くの寺院が並んでおり、幸龍寺もその一つです。久我山病院の横の松葉通りを5分ほど進み、住宅街を抜けたところにあります。

あまり期待せず電話してみると、例年通り一般公開するとのこと。2本目の電話でいきなりヒットしラッキーでした。
念のため、真夜中に起きて、スキーに行くみたいな格好で、しかも並んで待つけどどうする?と聞く。
間髪入れずに行く行く!との答えが返ってきました。

こんな寒い中!と思ってるのは大人だけのようです。。。

21:00 子供達は就寝

22:45 長女を起こして着替え、準備

23:05 幸龍寺に到着
   既に10組ほど並んでましたがまだ空いてる印象

23:30 昼の電話では開門と聞いてたが、まだ開かず

23:40 開門してようやく境内へ
   檀家の方優先で鐘撞開始

24:00 初めての除夜の鐘!カーン!
   初詣も済ませて帰宅

並んでる間も文句ひとつ言わず、初めての状況を楽しんでいましたので、寒い中行って良かったなと思います。思い返してみれば、自分自身も人生で初めて除夜の鐘を撞きました。ゴゥォ~ンというより、カァーンという感じでした。自宅で聞こえる鐘の音とはまた違いますね。

我が家の大晦日の恒例行事となりそうです。
つま先からジンジン冷えてくるので、靴下2枚重ね+スニーカーは風を通すので控えた方が良いですね。

2021年を思いがけない行事を通して迎えられたことに感謝しつつ、家族の健康を祈願して眠りにつきました。

◆幸龍寺 妙祐山(日蓮宗)
住所:世田谷区北烏山5丁目8−1
電話:03-5314-7010

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です