【育児書レビュー】世界最高の子育て―「全米最優秀女子高生」を育てた教育法 ボーク重子 著

それはあくまで米国に身を置いたから成せるもので、日本では難しいし現実的ではない、と思うことなかれ。今、米国のトップスクールでは何が重視され、何が求められているのか、を知ることはいずれグローバルな社会に飛び出してゆく子供たちのために、親自身も知っておかなければいけない現実だと思います。足元から始められること、ヒントが沢山詰まった本です。

詰め込み教育はやらない

日本で言う小学生の間は、とにかく時間をかけて授業を行うという。日本での教育に慣れていた著者が心配になるほどの進捗ペース。自分で考えること、誰かに話すこと、誰かの考えを聞くこと、そして話し合うこと。最後にお互いの考えを受け入れる事。

どの授業もこれが基本な為、一つの課題に何日も掛けるので(日本と比較して)ペースが遅い、と感じるのです。結局、並行していわゆる塾に通って補っている、かと思いがちですがトップスクールに進学する子供達は全くそんな事ないそうです。筆記テスト、なるものも最終的にはありますが、直前に専門スクールに通うことで思考力を身につけた子供達はしっかり習得、高得点を並べるそう(シンプルにすごい!)。

プレスクールの幼児期から、自分の大切なものをみんなの前で紹介。周りの子達は、それに対して質問する。モノを通して自分を表現することを、幼児期から自然と行っているエピソードが印象的でした。1分間スピーチなんかも家庭でもすぐに始められますね(うちもやってます、楽しいですよ!)

夏休みには、サマースクールで長期キャンプに行ったり、海外旅行に行ったり、普段できない体験をして過ごします。我が家も今後は長期でキャンプ行こうかな、と思ってます。

コロナ禍で様々な制限がありますが、夏は勉強合宿で缶詰め、先取り学習、暗記科目、日本の教育に溢れるキーワードを今一度考え直すキッカケになります。

レジリエンス

resilience〔病気・不幸・困難・苦境などからの〕回復力、立ち直る力

英辞郎 on the WEB

折れない心、逆境から這い上がってくる力、と言えば分かり易いでしょうか。世界が英才教育よりも今力を入れているのが、この力を育てることだそうです。最近ビジネス本や育児書でも度々取り上げられています。育児という視点からでは、失敗から立ち直るという結果よりも、失敗した後の環境、言葉掛けなどのフォロー体制の構築が大切とのこと。そもそも論として、親が先回りせずに子供の挑戦を純粋に後押しできていますか?-Yesというのが前提ですが、失敗してもすべてを受入れる環境が何より大切。挑戦して失敗しても自分には帰る場所がある(安全地帯)という安心感から挑戦心が育まれます。他人は他人と割り切り、自分自身と向き合い成長しくための礎となっていきます。

そしてまた親自身も何かに挑戦し、失敗し、でも幸せに過ごしていること、それを子供に見せることが大切だと書かれています。子供のために、という理由で自分自身の楽しみをすべて仕舞い込んでしまう必要なんてない、むしろ定期的に楽しむべきだ、ということです。

答えのない逆境に想像力で向き合っていく際に、アートの力を借りることでレジリエンスアップという紹介もあり、すごく納得がいきました。子供に良さそうだから、というフワッとした曖昧な感覚で美術館などに行っていましたが、これからはもう少し目的を持って行けそうです。
美術館、行きたくなってきた。

パッション

満点でもハーバードには入れない、というショッキングなタイトルから書き出しがあります。エリート大学だと点数だけで比較してもどんぐりの背比べ、+αで君にしかないものって何だろう?が合否を分けます。子供自身が強いパッションを持ち、継続していくなかで挫折を味わい、レジリエンスを培い、自分自身とどれだけ向き合ってこれたかが、いかに重要な要素なのかを物語っているんだと思います。勉強科目に限らず、子供の得意を見つけ、パッションに導き、自信に変えていく。出る杭を伸ばし、人間的な魅力を身に着けるそのプロセスは最終章にふさわしい内容になっていると思います。幼少期から積み上げたものが、このパッションでエリートへと押し上げます。

回復力やパッションと聞くと、今企業でまさに求められている力だなと素直に感じました。AIがどんな仕事まで奪っていくか分かりませんが、世の中に役立つことを考え、提案し、熱意をもってプロジェクト推し進める力は世界のエリートに限らず、すべての子供たちに必要な力なんだと改めて実感しました。

この本では今日から家庭でできることも沢山紹介されています。実践してみるととても面白いですし、なにより子供との会話量が圧倒的に増えます。ぜひ手に取って参考にされてみて下さい。

詳細はこちらから

【育児書レビュー】戦略子育て―楽しく未来を生き抜く「3つの力」の伸ばし方 三谷宏治 著

ストン、と音が出るくらい腹落ちする内容でした。育児書でありながら、ビジネス書の要素もあり特に子育て世代のお父さんに読んで欲しいです。3人の子育て、という背景も我が家と重なりました。

決断はすべて子供自身

子供自身が全て意思をもって決断すること、その決断を親は尊重し、失敗も全て受け入れる。その決断に至るまでの、小さな判断の積み重ねがとても重要であり、これからの時代を生き抜いていく子供たちに欠かせない決断力、判断力。習い事、お手伝いに始まり、塾、高校、大学、旅行、誕生日会 etc..全て子供自身が考え、著者に報告。そしてこの子供とお父さん(著者)のやりとりが、もう一つの会社組織です。子供なりに考えた企画書をお父さんにどう承認してもらうか、そんなイメージでやり取りが進みます。対等な大人として子供と接する、ということだと思います。
子供に一任する=親の忍耐力、も相当なものだと思います。我が家もなるべく子供に判断、やり方を任せていますが、まだまだだなと実感しました。

なぜ?どうしたら良い?

会社でも良く聞くワードです。
うん、事実・問題は分かった、で、あなたはどうしたいと思ってるの?これを子供たちと一緒に考えていく、その過程でも子供の考えを尊重する、ということです。

書くのは簡単ですが育児でPDCAを回し続けるなんて簡単に出来たものではないです。仕事でも難しいのに。。。親はテスト結果にどうこう言わない。何が悪くて、次どうしたら良いのか?子供自身が考え、またお父さんに報告です。PDCAを回すのです、一緒に。

なぜスマホが必要なの?
みんな持ってるから!無いと仲間外れにされちゃうから・・・。
うーん・・・本当にそうかな?
両親もブレない教育方針と相当な忍耐力(子供に任せる力)が必要です。これから必ずやってくる子供のスマホ問題、親としてどのような方針で使用を許可するのか、この本を読んで夫婦で話し合う良いきっかけになりそうです。

個人的な経験ですが、海外出張に行くと現地スタッフと子育てについて良く話をします。スマホ問題は海外でも同じ親の悩み。なぜiPhoneが必要か?をレポートにして提出させた、という話は結構良く聞きました(特に東南アジア諸国)。大きくなったら与えられるもの、ではなくスマホをどう活用していくか、入口から子供ながらに考えるということが重要なのかもしれません。

子供たちの反応

じゃあ実際著者の子供たちは、当時をどう思ってたの?いくら親が良いと思ってたとしても、子供が納得してなかったら逆効果なのでは?と思う方も少なからずいらっしゃるでしょう。

当時を振り返って、その時感じてたこと、それが今の自分にどう活きているのか?が子供たち言葉で書いてあります。リアルかつユーモアにあふれ、この本で私が最も好きなシーンであり、育児の手本となる部分だと思います。

東大に入れる、医学部に入れる、ハーバードに入れる、地頭の良い子に育てる etc そんな育児書に疑問を持ち始めたら、ぜひ読んで欲しいです。

詳しくはこちらから

【ツインリンク茂木に最も近い格安キャンプ場】那珂川オートキャンプステーション

ツインリンク茂木に近いキャンプ場で色々探し、那珂川を目の前にサイトも広々確保できる那珂川オートキャンプステーションを予約。2020年9月26-28日の2泊3日で楽しんで来ました。

ツインリンク茂木はもちろんのこと、真岡鉄道SLや道の駅もてぎで子供たちも楽しめるので、アクティブ派ものんびり派も楽しめるキャンプ場ですよ。

なぜここ?

ずばり、予約が遅れて森と星空のキャンプヴィレッジが取れなかったからです。。。そう、ツインリンク茂木内にキャンプ場があるので、ここが予約取れれば移動も少なくて済みました。一応、1か月以上前にトライしてるんですけどね。
クヨクヨしてても時間がもったいないので、周辺のキャンプ場をチェックしていると穴場なこちらのキャンプ場を発見!

3つのおすすめポイント!

✓ ツインリング茂木(北ゲート)まで10分!
✓ 区画が広い!安い!
✓ のんびりしてて静か!

本当にのんびりした雰囲気で、ファミリーは少なくとても静かにゆったり過ごせるキャンプ場です。混雑していなければアーリーチェックインも無料ですので、早めに来て、那珂川を眺めながらのんびり過ごしたい方にオススメですね。

行程表

今回のキャンプのメインはツインリンク茂木、2日目で朝から丸一日楽しめました!
行程表はコチラからどうぞ ☞ PDF

キャンプ場情報

サイト情報

台風の影響で、那珂川が氾濫。高速からキャンプ場に向かう道沿いでも所々で修復工事をしていました。こちらのキャンプ場も大きな被害を受けてしまったようです、沢山宿泊して少しでも力になれればですね。

国道から入口の看板が見えます。

民家の細い道を500mほど進みます、キャンプ場入口までほぼすれ違い不可です!

ここまで来ればもう大丈夫!アットホームな看板が出迎えてくれます。

11時頃到着しましたが、待つことなくチェックイン完了。どこも空いてるから好きなサイトどうぞ~という感じです。

サイトは真ん中の車道を挟んで、川側と山側の両側にあります。この時間だと連泊組しか残っておらず、どこも空いてます。右奥に見えるキノコ型テントは、12人くらい入れそうで、すのこも敷いてあり、調理器具もテーブルも雑誌に出てきそうなくらい完璧!どんなキャンパーよ?と思ってたら手ぶらキャンパー向けの貸し出し用テントでした。

そのテントのお隣で、入口からもトイレからも一番近いサイトにしてみました。

目の前を那珂川がゆったり流れ、その奥には民家がポツポツと。穏やかな時間をすごせますよ。

遠巻きで見ると綺麗な芝ですが、実際は土です。ペグが打ちにくいなどの問題もなく設営もスムーズに進みました。

サイトの一番奥がこのあたり、木が生い茂っているサイトもあり真夏は日差しを避けて心地よく過ごせそうです。

設備情報

トイレ

建て直されたということもあり、とても綺麗。なんなら自宅より清潔でした。。。

オシャレで消毒液も置いてあります。

もちろんウォシュレットだってあります。

コテージ

屋根付きでBBQもできる仕様になっていました。4人家族ぐらいでちょうど良いくらいの大きさで3棟。残念ながらコテージから那珂川は見えないですが、周りに何もなく静かに過ごせると思います。

シャワー

3つあり、どれも無料で使えるのが嬉しいですね。コロナでドラム缶風呂は残念ながら休止中です。

炊事場

キャンプ場入口の管理棟前にあります、広くて水切り網もあります。生ごみ受け(青バケツ)もあり、使い易いです。

炊事場横には今どき珍しい2層式洗濯機があります。全自動洗濯機もありました。ちなみに我が家はコインランドリーで乾燥までやってしまいます。

BBQスペース

グループキャンプや大人数での夕食は、このスペースを借りると便利。屋根も付いており、万が一の雨でも安心です。炊事場のすぐ隣です。

ゴミ

燃えるごみは持ち帰りです。その他、灰やビンカンなどはキャンプ場で捨てることができます。

初日

道の駅もてぎ

レストランからアンテナショップ、公園、見学施設まである大きな道の駅です。
キャンプ場からは車で15分ほどの距離です。

真岡鉄道(SL)

なんといってもこれが一押しです。乗るも良し!ですが、通過するのを見るだけでも迫力があって一見の価値ありです。子供は迫力に圧倒されて泣いてました。

道の駅もてぎ通過時刻は、毎週土日祝日の12:00と14:30頃です。

シュッシュ・ポッポ~みたいな感じでは全くなく、ボォー!ゴォー!と結構なスピードで通過していくので、お見逃しなく。

SL広場

コンビカーから砂場、ちょっとしたアスレチック遊具が揃っています。4-5歳くらいまでなら、こちらで十分楽しめます。

花壇

遊具の周りに色鮮やかに並び、丁寧に手入れされている様子が伺えます。安心して子供たちを遊ばせられる環境作りに感謝です。

手作りアイスコーナー

道の駅にありがちなソフトクリーム、ではなく地元産の新鮮な食材を使用した贅沢アイスです。

ミックスフルーツ、いちご、りんごだったかな。おすすめはずばりいちごです、ふんわりした甘さが絶妙です。

ごぜんやま温泉保護センター四季彩館

キャンプ場から一番近い温泉施設で車で10分です。内湯も広く露天風呂もありゆっくり疲れを癒せます。休憩所は広く食事もできます。

営業時間など詳細はホームページからどうぞ。

焚火

温泉から戻ってきたら、子供たちは早々に就寝。夜は結構冷えて、長袖でしっかりシュラフに入るとぐっすり寝れます。寝る前に焚火しときました。

焚火台史上最軽量の焚火シートがおすすめ、安くて軽い ☞ こちら

2日目

ツインリンク茂木

ここで遊ぶために、今回キャンプしているようなものです。いつも通り早起きして、朝の時間をゆっくり過ごします。子供たちは川沿いに椅子を並べて日向ぼっこ。

9時にキャンプ場を出発、北ゲートまで10分で到着します。ただ当日はレース開催だったため南ゲートまでぐるっと回って入場。それでも15分程度です。駐車場は広くこの時間で入れない心配はありませんが、アトラクションのあるモビパークまでは10-15分ほど歩きました。

朝から移動が面倒!という方は、モビパークに隣接する森と星空のキャンプヴィレッジがオススメ。移動時間0分で、遊びにいけます。
直前まで予約サイト見てましたが空きは出なかったので、サイトが混雑しているのは間違いないです。多少移動してでも、キャンプ場では静かにのんびり過ごしたい方は、那珂川オートキャンプです。

ハローウッズ

森の中を散策しながら、迷路やブランコ、ターザンロープ、カブトムシの幼虫探し、ジップラインと様々な体験ができます。ショートコースでも、未就学児なら1時間以上かかります。ロングコースですべて見て体験して回ると、午前中はかかるぐらいです。

我が家は1歳児もいるのでショートコースにしましたが、時間と体力に余裕があればロングコースで回るのがおすすめです。遊園地でのアトラクションはそこそこに、自然体験を通して生きるチカラを育みましょう!

詳しいマップなどは、コチラHPからどうぞ

モビパーク

ツインリンク茂木に来たのは、このため!という方も多いはず。小学生になってくれば、ミニバイクやゴーカートでレース体験できます。これは大人も子供もハマりそう。1歳児でも乗れるゆっくりしたアトラクションもあるので、家族みんなで楽しめます。

立体迷路は、そこそこ難しく我が家はあれよあれよという間に一方通行で出口になっちゃいました。スタンプを1個ずつ押していく感じが、子供を夢中にさせます。

屋内の巨大ネットアスレチック(巨大ネットの森 SUMIKA)もありますが、コロナのため閉鎖中でした。週末は事前WEB予約制ですが、20年12月からは毎日営業しているようです。

その他アクティビティー

オートレースが開催されていれば、観戦もできるます。当日は二輪の試走が開催されていた模様で、雰囲気だけでも感じることができました。

宿泊者限定の気球体験(早朝季節のクラフトなども開催されているので、予約が取れれば次回トライしたいなと思います。

工具で電動モーターの車を組み立て走らせることで、車の仕組みや部品、工具の使い方などを実体験できるピット工房は大人も一緒に学んで楽しめそうです。体験回数が増えてくると、組み立てられるパーツが増えステップアップできるプログラムもあります。お近くで通える方や長期で滞在するなら必見です!

スーパーかましん

15時過ぎにはツインリンクを後にして、こちらのスーパーで買出し。比較的大きなスーパーで何でも揃います、ツインリンクからのアクセスも良好、ゲートから5分程度です。

コインランドリー ひまわり茂木店

スーパーかましんの駐車場内にあり、買い物前に洗濯物をセット。乾燥まで一気にかけます。ここは台数も多く、すぐに利用できます。

夕食後は初日と同じ四季彩館の温泉へ。日曜日ということもあり、地元の方ばかりで空いていました。

3日目

早朝の那珂川は幻想的な雰囲気で、木製の釣りボートが良い朝霧と相まって良い雰囲気を出していました。肌寒いです。

きょうは一日曇りかな、と思ってたらどんどん晴れてきて暑くなってきました。テントもすっかり乾いて楽々撤収できました。

道の駅もてぎ

最終日は帰るだけでしたが、道の駅もてぎでもう一回遊びたい、という子供たちのリクエストで再訪問。
まだまだ乗り物全般が大好きな子供にとっておきの出会いがありました。交通安全イベントでパトカーに乗せてもらいました!

インスタ映えする角度で家族写真も撮ってもらい、交通安全グッズも沢山頂きました。ミニ懐中電灯ももらいキャンプに丁度良いな、と。

栃木県警察の方々、ありがとうございました。
もちろん安全運転で自宅まで帰りました。

パン・ラーメン工場直売所

キャンプ場からすぐの新那珂川橋東の交差点にあり、激安でパンを購入できます。常磐道水戸北ICに向かう道沿いなので、道の駅もてぎの帰りに立ち寄って昼食用に購入しました。

サービスエリアなどに立ち寄ると、何だかんだで時間取られてしまうので我が家は基本車中昼食で帰ります。

森と星空のキャンプヴィレッジの予約が取れずに、那珂川オートキャンプになりましたが、結果的には静かに過ごせて良かったです。サイトも広々使えるので、次回もこちらをリピートさせて頂きます!

これにて我が家の2020年シーズンのキャンプは終了です。
冬はウィンタースポーツを楽しもうと思っています。またこちらでもご紹介させてもらいます。