エアビーでシンガポール子連れ旅行を楽しむ方法(当日編①)

世界最大の民泊サイトであるエアービーアンドビー(Airbnb)からマンションの1室を予約して、シンガポールへ家族旅行に行ってきました。
ホテルより格安かつ何より快適でしたので、その様子を日程ごとにご紹介します。

当ブログの “準備編” でも概要はお伝えしてますので、ぜひご覧ください!

全行程

常夏のシンガポールに子連れで行く際に、無理は禁物です。
折角の海外旅行ですので、一日であちこち巡りたいところですが、子供達が体調を崩してしまっては台無しです。
我が家の場合は、ちびっ子達(4歳、2歳、0歳)に配慮してメイントピックスを1-2件/日にしました。

ご参考までに、全行程表を載せておきます。
こちら(別ページでPDFが開きます)

1日目

トピックス エアビー(Airbnb)で手配した宿

国内では、会社の部活の夏合宿で毎年エアビーを利用。軽井沢でペンションを営んでいた物件を20人などで借りてBBQなど贅沢に楽しめた良いイメージがある。

今回、初めて海外物件を予約。オーナーとの事前のやり取りもWechatを介して実にスムーズで、不安よりは期待が大きかった。

1つ懸念していたのは、深夜フライトで行くのでシンガポール到着は早朝、アーリーチェックインができるか否かでした。到着の前々日に前の予約者がチェックアウトしており、たった一泊で予約する人は居ないだろう、と前々から踏んでいた通りアーリーチェックイン可能でした。ホテルと違い、追加料金もありません。

今回宿泊したのはChelsea grove 2 Martaban road (Google Mapに飛びます)というところ。

駐車場の脇からオートロックを解除して、マンションの1階に入れる。番号や操作方法は、事前にオーナーからPDFでWechatに送ってくれるので滞在中含めてオーナーと直接会うことは一切ない。
駐車場には、BMWやメルセデスなど高級外車ばかり並んでいた。ネットで検索するとだいたい2LDK/90㎡中古で9,000万円くらい!

高級物件に旅行中だけ自由に数千円/人で住まわしてもらう、と考えるとエアビーのお得感が分かっていただけるだろうか・・・?

奥の白いマンションに宿泊
周りもタワマンばかり
リビングダイニング
基本的に何でも揃っていたキッチン
洗濯機と乾燥機、洗剤も柔軟剤もある

普段、誰かが住んでいる訳ではないので家具は最低限のものしかなく部屋やリビングも広々使えるのがとても快適でした。

写真はありませんが、その他条件は下記。
・各部屋にエアコン完備、リビング天井にファン2台
・リビングにL字型ソファベッド
・Wifi完備
・2シャワールーム、1つはバスタブあり
・2ダブルベッド+マットレスあり
☞子供たちはベッドだとゴロゴロして落ちてしまうので、床に敷いて寝かせられるのは楽でした。
・巨大な冷蔵庫+ビールジョッキ6つ
・ダイニングテーブル+椅子6脚
・1階の出入りはカードキー or 暗証番号入力で、部屋は差込式の鍵
・ゴミ出しいつでもOK

これで、19,449円/泊でした(大人3名+未就学児3名)、大満足です!

エアビーに挑戦してみようかな、Chelsea Grove周辺良いかも、と思った方はぜひ下記マップからどうぞ!

トピックス マーライオンとホーカーズ

世界3大ガッカリなんて言われてますが、シンガポールに来ました感は出るのでまずは行ってみました。

部屋を出る前に、Uberを呼んでおけば色々準備して外に出ればちょうど迎えに来てるイメージ、とても便利で安い。
初めは、大人3人+子供3人なので割高の7人乗りを配車してましたが、途中からスタンダードの5人乗りで全然乗れることが判明。以降、7人乗りは最終日の空港へ向かうとき以外は配車しませんでした。
マーライオンみたい!と言ったら12-13分走らせてマリーナ・スクウェアの向かいのEspanadeあたりで降ろしてくれました。少し海沿いを散策しながらマーライオンに向かいます。

マリーナベイサンズが良く見えます
水が出てるだけで子供は喜ぶ!
子供たちはこちらのミニサイズがお気に入り

暑い、お腹すいた、眠い、とのことで一旦家に帰ります。
昼食は家の近くのホーカーズで調達してみることにしました。

✔︎Whampoa Hawker Centre
特に口コミも見ずに行ったので、到着が昼をとっくに過ぎてしまい閉店しているとこもチラホラ。もう少し早めに来ればよかったですが、安いので色々買って帰りました。コスパを考えれば、全然美味しいし、子供達もジュースやスイーツ系に並んで買っていました!

甘いスープ×素麵な感じ $3
看板やメニューを見れば何となく分かる
食べかけですみません、美味しい

鶏肉×ごはん×香草 で何杯でも食べられる感じです。暑い国で食べるパクチーは日本で食べるのと全然美味しさがが違う気がします。
香草苦手な方は、いらないと言えば外してくれますよ。

持ち帰って、涼しい家でゆっくり昼食

麺類ももちろんテイクアウト可能なのでトライしてみましたが、麺がくっついてしまい触感も柔らかくなりすぎて、ちょっと残念な感じ(写真真ん中)。
スープは美味しいので、その場でササッと食べるのが正解かも。

スイーツ系も充実

甘ったるい感じがなく、食後にもおすすめ。一口大サイズで、パクっといけます。
家に戻ってきているので、食後のコーヒーや紅茶と一緒に食べられるのがリラックスできて良いです。

徒歩で10分くらい、近くて便利!

子供たちは深夜便の疲れもあり、お腹いっぱいになったらお昼寝。。。

お昼寝から起きて夕方になったら、近くのスーパーZhongshan Mallへ買い出しに。徒歩15分ぐらいで、オーナーさんも買い出しならコチラがお勧め!とのこと。

ドラッグストアーからフードコート、洋服、パン屋、コーヒーショップ等々なんでも揃っており欲しいものは一通り買えます。

本格的に料理をする訳じゃありませんが、飲み物(ビールも!)や野菜、果物、お肉、卵、ヨーグルト、パン等々を購入。

ドラゴンフルーツ、色が鮮やか!
マンゴーも安い、もっと買えば良かった

ちなみシンガポールは水道水が飲める数少ない国。
ネットで検索すると飲める/飲めないの両方の情報が。。。どっちなの?

シンガポールの水事情は?

我が家は流石に直接ゴクゴクは飲みませんでしたが、1度沸騰させた水道水で麦茶も作り、ご飯炊いて、野菜も洗って食べて全然問題なかったです。もちろん歯ブラシや食器洗いは水道水直接です。
オーナーに聞いたら、全然飲んでも問題ないけど心配なら運ぶのも重いだろうし、オーダーして家に届けるよ?と言ってくれました。
(オーナーはいつも即レスで的確で、本当に助かる!)

買い物はそこそこ量がありますが、ベビーカー2台を駆使して家まで運びます。エアビーで予約して本格的に料理も楽しむなら、スーパーからの移動も考えた方が良いかもしれません。まっ、Uber呼んじゃえば解決ですが。

初日は無理せず周辺散策と買い出しで終了。明日に備えます。

2日目

トピックス ガーデン・バイ・ザ・ベイとプール

マリーナ・ベイ・サンズを背景に浮かび上がる幻想的なシーンが印象的なシンガポール植物園ですが、昼間に行って子供も十分に楽しめます。東京ドーム2個分で、全部見て回ったら4-5時間も掛かるので、子連れは、行きたい場所を絞っておきましょう。

Uberで約20分、あっという間に到着。

フラワードーム

野外展示や後で紹介するプールは無料ですが、このフラワードーム/クラウドフォレストは有料。
・共通券で大人$28、子供$15(3-12歳)
 シンガポール在住の人は安いので、友人などツテがある人は頼んでおくと良いかも。旅行会社経由などで予約すると割引いてくれるみたいです。

朝一なら並んでも5分くらい
皆が気になるモニュメント
可愛らしい展示も
本物、じゃないです
ユリ?
コンテナで輸出しているよ、なのかな

あまりじっくり見てるわけにはいかないので、綺麗な花やアーチの前で写真を撮ったりして進めば、30-40分くらい。
ドーム内は冷房効いているので、涼しいです。

クラウドフォレスト

フラワードームを出ると、すぐ目の前に入口があって、こちらへの移動もスムーズ。入るとすぐ目の前に滝、みんな写真を撮っています。

写真以上に水量があって、滝の真下までいくとビショビショになっちゃうくらいです。冷房が効いてる上に、水もあってひんやりしています。

遊歩道を見上げる

なにか巨大な生き物みたいです。滝の後、一番上まで上がり、外に突き出た遊歩道をぐるぐる下りながら帰ってくる感じになっています。

植物の展示方法も可愛らしい
揺れそうですが、そんな事ありません
豊富な植物に癒されます

最初の滝で写真を撮ってしまえば、フラワードームほど撮影スポットもなくサクサク行けば40-50分くらいでグルっと一周できます。

と、ここで雨が降ってきたので、しばし休憩。ベンチに座ってると、後ろのオジサンが紙で作った蝶々を2つくれました。お腹の部分を押さえて引っ張ると羽がパタパタ動きます。子連れには優しいシンガポールです。

チルドレンズガーデン

正式な名前は、Far East Organization Children’s Garden。クラウドフォレストを出て、海沿いに10分くらい歩くと見えてきます。
こちらはなんと無料!着替える場所もあるし、日陰の席もあって親は助かります。

水がチョロチョロでているエリアは、ハイハイの子供でも遊べます。
奥に屋根付きの休憩スペースが見えています。5段くらいの階段式になっていて、ママはそこでゆっくり、パパは子供と一緒にびしょ濡れ、な家族多数!

花びらに見立てたツボに水が一杯に溜ると、バッシャーンと放水!
子供も大人も大はしゃぎで楽しめます!
それにしても空いてます!午前中に行ったのが良かったのかもしれませんが、混雑とは無縁です。

それでも、子供たちは2-3時間も遊んでいる訳ではなく1時間くらいで上がってきました。
お腹も空いてきたので、着替えてもう一つのホーカーズに立ち寄って昼食を買ってみることにしました。

トピックス ホーカーズ

初日の場所と逆の方向で、ショッピングモールに行く途中にあるBalestier Market and Food Centreへ訪問。行く途中で、宿泊先の目の前を通ったので、一旦停めてもらい子供達を先に降ろして再出発。Uberはこんな使い方も出来て便利です。

Balestierはそこまで広くないものの、中華からタイ、ローカルフードまで様々。
コンパクトなので選びやすく、料理もボリュームもある感じ。

特に我が家がお気に入りとなったのは、ショーケース越しにおかずがズラリと並んでる中から、3つ選んで豪快にご飯に乗せてくれるお店。
(入って左手前だったかと。。。)

Facebookより拝借

3-4箱/回のペースでほぼ毎日買っていたので、本当に色々な種類のおかずに挑戦できました。こゆの苦手な方もいらっしゃるかと思いますが、我が家は全然問題なく、むしろ選ぶの楽しいし、美味しくて安いので通ってしまいました。

野菜もたっぷり
ビールもすすむ!
もちもち餃子
揚げ餃子
チャプチェに大きな椎茸
再び麺類にも挑戦!
豪快に魚一匹!美味しい!
魚のフライと茄子炒め
豚肉ともやし炒め、間違いない
スープ餃子も美味しかったなぁ
フルーツジュースは毎回買っちゃう!

こんなに写真アップしていると、またシンガポールに行きたくなって来ましたのでこの辺でストップ。
韓国や台湾の夜市や屋台も全然大丈夫で楽しみで色々買っちゃう!という方はぜひシンガポールでもホーカーズへ足を運んでみて下さい!

3日目

トピックス シンガポール動物園

子供たちは、この日が一番楽しみだったのかもしれません。
いやいや、動物園なら日本でも行けるし、わざわざシンガポールで行く必要あるの?もっと海外でしかできないこと、あるよね?
と私も始めは思いました。

クリス-ウェブ 佳子さんが、旅育と称して海外ではなるべく衣食住をローカルスタイルに合わせて楽しむ!と仰っています。
そんな旅のスタイルは本やブログでも紹介されていて、とても勉強になります。ちなみにAirbnbでも良く宿泊されています。

でも、相手は4歳児と2歳児よ?まだ、そんなチャレンジングなことできないでしょ!とのことで、今回は “旅育スタイル” はお預け。

確かに、シンガポール政府だってそんな事分かってるんです、世界中から集まる旅行者が何の仕掛けもない動物園じゃあ誰も集まって来ないと。

さぁ、今日もUberで出発!
雲行きは怪しく、途中でどしゃ降りに。。。ドライバーは10分くらいで止むから心配ないよ、と会話をしながら20分ほどで到着。

オランウータンと朝食

ビュッフェスタイルの朝食を取りながら、間近にオランウータンが見れて一緒に記念撮影もできます。本当に手を伸ばせば握手できる距離まで近づいて撮影するので、子供たちはやっぱり怖い。。。家族全員の集合写真も、子供たちは後ろにいるオランウータンの存在に不安げな顔。
これも良い思い出です。

事前に席の指定はできませんが、受付を済ませた順に予約者が優先でオランウータンに近い席に案内されていたと思います。

☞Jungle Breakfast with Wildlife 攻略のポイント
✔︎ しっかり日本で予約
✔︎ 早めに会場入りして、ゆっくり朝食
✔︎ 撮影の列にはササッと並ぶ!
✔︎ 各ショーの時間を朝食取りながら把握する

公式HPから予約(英語)
 Buy Ticket から人数、日付等を入れてJungle Breakfast with Wildlifeを追加、決済していきます。

Voyaginなど代理店経由で予約(日本語)
 割引や他園とのセットなど、日本語でストレスなく予約できます。

当日は早めに到着、受付で予約番号を見せれば席まで案内してくれます。
最前列ではありませんでしたが、2列目の真ん中でオウンウータンがやってくる目の前の席でラッキーでした。多分、最前列だと子供が怖くて泣き出してたかもなので、程良い距離感でした。

真ん中の木にやってきます
人慣れしてるのか、とても大人しいです

とても陽気な挨拶から始まり、オラウータンが登場して色々説明してくれます、もちろん英語。10分くらいで終わり、さぁ一緒に写真撮りたい方は並んでー!の一声でみんなわぁーと集まってきます。その波に乗って10分くらい並べば、マイカメラ/スマホなどで家族写真撮ってくれます。プロが撮った写真も後で席に売りに来てくれます。

へびにも触らしてくれます
森に帰っていく

朝食も食べて写真も取れれば満足、次に移動します。

エレファントショーと餌付け体験

ゾウがこんな間近に

人気のショーの一つで子供も勿論楽しめますが、アクティブに動くゾウを見れて大人も新たな発見ができます。ショーが終わると、希望者は並んで果物一かご貰ってゾウにあげることができます。

Elaphant Presentation 攻略ポイント
✓ 11:30 or 15:30 の2回どちらに行くか決めておく
✓ 20分前位には到着して、真ん中の屋根付きシートエリアを確保
✓ 餌付け体験の列にはためらわずササッと並ぶべし

餌付け体験希望者は先着順ですが、真ん中の屋根付きシートエリアが列の先頭となるので、そこに座っていれば立ち上がってサッと動くだけ!ショーもよく見えるし、日陰だし、一石三鳥ぐらいです!

スイカも一飲みしてました
勢いよく水にダイブ!
器用に鼻で掴んで食べます

スプラッシュサファリ

いわゆるアシカショー(Splash Safari Show)です。
広い会場で屋根付きなので、特に席取りもいらず最前列も空いてます。
日本の水族館などでもそうですが、最前列は濡れます!Splashたるゆえんです。

時間は10:30 or 17:00 ですので、オランウータンとの朝食後に見るのが丁度良いと思います。
オフィシャルページで時間は再確認ください → こちら

ショー会場のすぐ裏がゾウのエリア(MAPにとびます)なので、11:30のエレファントショーにそのまま向かうのが効率的でお勧めです!

同じ会場で鳥のショーも見れますよ。

ランチ

これが結構大変!暑いのでやっぱり室内の涼しいところで休みたいのは皆一緒で、混雑します。
このお店、と決めたら動きそうな家族に声を掛けるなど積極的に席を確保しに行く、ことが重要かなと思います。
それでも結構待ちましたので、反省の意味も込めて。

☞動物園でのランチ攻略
✔︎ レストラン内で、テーブルを離れそうな人に声を掛けてみる
✔︎ 持ち込みを検討する
✔︎ 園内で購入する場合も、空いてるうちに買っておく
✔︎ ピークをずらす(13:30 くらいでもかなり混雑)

キリンの餌付け体験

この距離感

見て回るだけじゃ面白くないので、なかなか日本ではできない体験を選んでますが、これもその一つ。
丁度キリンの顔の高さのところが展望台みたくなっており、そこにぬぅーとキリンがのぞき込んできます。

時間の15分くらい前に行ってみましたが、最終回だったこともあってか最後尾ギリギリ!すぐ後ろの家族でもうcloseだよって係員が案内してました。

目の前でキリンが人参をパクリ

Giraffe Feeding 攻略のポイント
✔︎ 10:45, 13:50, 15.45の3回どこで行くか決める
✔︎ 特に最終回は早めに並ばないと締め切られる
✔︎ 代表一人が並んで、子供は時間まで他の動物で楽しむ

シロサイの餌付け体験

White Rhinoceros Feeding
公式HPより

White Rhinoceros Feedingは1回/日で13:15 のみ。
昼食前後と被り今回はあきらめましたが、キリン以上に迫力ありそうです!
この体験終了後に、レストランで昼食にした方が、席も空いていてストレスなくスムーズだったかもしれません。シロサイからレストランエリアまで歩いてもすぐですので、効率的!
が、子供がこの時間まではもたない・・・お子さんが大きければ、このプランもありだと思います。

子供向けエリアと水遊び場

動物園の一番奥にKidzworld and Beyondがあり、動物に触れたり乗ったりでき、プール(watery playground)も併設されているので楽しみにして行ったのですが・・・closed、残念!

代わりにリスの餌付けみたいなのをやってました。

朝イチのオランウータンとの朝食から始まり、各種ショーと餌付け体験に動物園見学をしたら、あっと言う間に夕方です。子供にとっては、これでイベント盛り沢山です。

☞ シンガポール動物園 攻略まとめ

✔︎ 朝イチから入園して時間に余裕を持つ
✔︎ ショーとイベントを繋いで子供を飽きさせない
✔︎ 昼食は混雑するので事前対策を
✔︎ Kids world のclose情報を事前確認

帰りは出口にタクシーが沢山待っているので、ヒョイと乗ってしまいました。列になってタクシーが待っているので、わざわざUberを呼ばなくても良いかなぁという感じです。

4日目以降は、当日編②へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です