話題のホットクックを買ってみた

コロナで在宅勤務+育休中の妻、で子供達といる時間が確実に増えました。
家族みんなで夕食を囲むのは良いもんだと、改めて感じました。

が、人手が増えたのも関わらずやっぱり何かに追われている感じが拭えません。
何より食事の回数と量が増えたことで、作り置きをする回数が確実に増えています。

我が家もそれなりに作り置きや時短、冷凍レシピなど色々な料理本を参考にアイデアを取り込んできました。
だけど、どこか限界を感じていました。

  • 折角の土日休みも、作り置き+家事 で終わる
  • 三口コンロをフル稼働で夏のキッチンはサウナ状態
  • 保育園児が食べるには味が濃いかも?
  • 結局火を使うので見てないといけない
  • メニューに偏りが出てきたかも

何とかできないの?
そんなモヤモヤした気持ちにズバッと回答してくれてるのが、この本だと思います。
(☞クリックでAmazonに飛びます)


間違いなくホットクックの購入を後押してくれます。紛れも無く我が家もそうでした。
買いたいけど、ちょっと気軽に買うには高いし、そもそも置く場所あるかな?
一歩踏み留まってしまっている方は、ぜひ読んでみて下さい。

ということで、コロナも落ち着き始めた6月にポチッと購入。
(☞クリックでAmazonに飛びます)

まだまだ使い始めたばかりですが、メリット•デメリットを簡単にまとめてみました。

メリット

✔︎ 無水なので、とにかく野菜が美味しい
野菜の種類も量もたっぷり、これでもかと言うほど釜に入れて、塩を入れてスイッチオン!野菜そのものが本来持っている豊富な水分だけで美味しく仕上がります。子供が野菜をよりモリモリ食べるようになりました。大人も、これは絶対健康にいい!と実感できるナチュラルな感じに仕上がります。

✔︎ 少し良い食材を選ぶようになる

何より使う調味料が格段に減ります、そしてその分だけ普段より少し良い食材を選べるようになります。調味料が減る分、食材そのものの品質が美味しさに直結してきます。子供が多いとどうしても質より量に行きがちですが、メインのおかず用だけは少し良いものを買ってみようか、という余裕が生まれてきます。また調味料にも少しこだわり始めたりしちゃいます。
(それって結果的にコストアップじゃん!という話もありますが・・・)

✔︎ キッチンが暑くない、片付く

もちろんすべての料理がホットクックで完了する訳ではありません。当然コンロを使った料理もやります。ですが、元々和食中心だったこともあり、かなりのレパートリーを1台が担ってくれています。結果、コンロの使用頻度は減っていき暑くない!だったらもう、これも要らなくない?という感じでキッチン道具も減らしました。キッチンがよりすっきりして、涼しくなりました。

✔︎ 料理中も子供達の相手ができる

これが時短の目指すところであり、親としての一番の悩みなんじゃないかと思っています。ホットクック1台で夕食作りも作り置きもへっちゃら!とは当然いきません。途中で開けて、食材や調味料を追加することもありますし、1品できたら、洗ってすぐ次の1品、と今までと同じ時間内で品数を増やす為にフル稼働で我が家は動かしています。それでも一旦セットすれば放置できるのは、何よりの魅力。かき混ぜたり、火加減を調節したり、落し蓋をしたり…料理は意外と見てないといけない時間が長かったりします。スイッチオンから出来上がりまでの10-20分だけでも子供達の相手ができたら、子供だけでなく親自身も心が満たされます。

ホットクックを買って時短をすること」が目的ではなく
時短によって生まれる隙間時間を子供のために使うこと」が実践できつつあることが何よりのメリットだと思ってます。

デメリット

正直今のところ無いのですが、あえて挙げるとすると・・・

✔︎ 場所をとる(炊飯器より大きい)
我が家は2.4Lの一番大きいサイズを購入しましたので、それなりに幅を利かせています。小さいサイズもラインナップされてますので、メジャーで測るなどしてサイズ感を確かめてみて下さい。
購入を機に、キッチン回りの片付け + 使用頻度の低い家電や道具の整理、を考えてみるのも良いかもしれません。

✔︎ 5人家族で子供の成長を考えると、もう1台絶対必要

便利さに慣れてしまうのは怖いものです。単純計算ですが、同じ時間で2倍の品数作れることになります。まだ子供が小さいので、それほど量も必要ありませんが、近い将来のことを考えると2台持ちが現実味を増してきます。
シャープさん、ホットクックの新製品って出るんですかねぇ?

✔︎ 炒め物より煮込み系料理が増える

個人的には全く問題ないのですが、火力を必要とする料理はコンロでやらなければいけません。ただ、オーブンレンジや炊飯器、ノンフライヤーなど、火力を使わない手法は色々あります。
献立によって適材適所を考えて時短に挑戦していくのも面白いかもしれませんね。

✔︎ ストック用に大量に作る、のに限界がある

子供の年齢が上がるにつれて、この必要性は高まってくるとは思っています。同じおかずの量で白米を沢山食べてね、と言いたいところではありますが、そうも言ってられない時期がくること間違いなしです。鍋一杯に作る事ができない、という意味では、物足りなさをを感じるご家庭もいらっしゃるかと思います。

ということで、デメリットを減らすべく既に2台目の購入を検討中・・・

ホットクックで挑戦してみた料理も、今後アップしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です