話題のホットクックを買ってみた

コロナで在宅勤務+育休中の妻、で子供達といる時間が確実に増えました。
家族みんなで夕食を囲むのは良いもんだと、改めて感じました。

が、人手が増えたのも関わらずやっぱり何かに追われている感じが拭えません。
何より食事の回数と量が増えたことで、作り置きをする回数が確実に増えています。

我が家もそれなりに作り置きや時短、冷凍レシピなど色々な料理本を参考にアイデアを取り込んできました。
だけど、どこか限界を感じていました。

  • 折角の土日休みも、作り置き+家事 で終わる
  • 三口コンロをフル稼働で夏のキッチンはサウナ状態
  • 保育園児が食べるには味が濃いかも?
  • 結局火を使うので見てないといけない
  • メニューに偏りが出てきたかも

何とかできないの?
そんなモヤモヤした気持ちにズバッと回答してくれてるのが、この本だと思います。
(☞クリックでAmazonに飛びます)


間違いなくホットクックの購入を後押してくれます。紛れも無く我が家もそうでした。
買いたいけど、ちょっと気軽に買うには高いし、そもそも置く場所あるかな?
一歩踏み留まってしまっている方は、ぜひ読んでみて下さい。

ということで、コロナも落ち着き始めた6月にポチッと購入。
(☞クリックでAmazonに飛びます)

まだまだ使い始めたばかりですが、メリット•デメリットを簡単にまとめてみました。

メリット

✔︎ 無水なので、とにかく野菜が美味しい
野菜の種類も量もたっぷり、これでもかと言うほど釜に入れて、塩を入れてスイッチオン!野菜そのものが本来持っている豊富な水分だけで美味しく仕上がります。子供が野菜をよりモリモリ食べるようになりました。大人も、これは絶対健康にいい!と実感できるナチュラルな感じに仕上がります。

✔︎ 少し良い食材を選ぶようになる

何より使う調味料が格段に減ります、そしてその分だけ普段より少し良い食材を選べるようになります。調味料が減る分、食材そのものの品質が美味しさに直結してきます。子供が多いとどうしても質より量に行きがちですが、メインのおかず用だけは少し良いものを買ってみようか、という余裕が生まれてきます。また調味料にも少しこだわり始めたりしちゃいます。
(それって結果的にコストアップじゃん!という話もありますが・・・)

✔︎ キッチンが暑くない、片付く

もちろんすべての料理がホットクックで完了する訳ではありません。当然コンロを使った料理もやります。ですが、元々和食中心だったこともあり、かなりのレパートリーを1台が担ってくれています。結果、コンロの使用頻度は減っていき暑くない!だったらもう、これも要らなくない?という感じでキッチン道具も減らしました。キッチンがよりすっきりして、涼しくなりました。

✔︎ 料理中も子供達の相手ができる

これが時短の目指すところであり、親としての一番の悩みなんじゃないかと思っています。ホットクック1台で夕食作りも作り置きもへっちゃら!とは当然いきません。途中で開けて、食材や調味料を追加することもありますし、1品できたら、洗ってすぐ次の1品、と今までと同じ時間内で品数を増やす為にフル稼働で我が家は動かしています。それでも一旦セットすれば放置できるのは、何よりの魅力。かき混ぜたり、火加減を調節したり、落し蓋をしたり…料理は意外と見てないといけない時間が長かったりします。スイッチオンから出来上がりまでの10-20分だけでも子供達の相手ができたら、子供だけでなく親自身も心が満たされます。

ホットクックを買って時短をすること」が目的ではなく
時短によって生まれる隙間時間を子供のために使うこと」が実践できつつあることが何よりのメリットだと思ってます。

デメリット

正直今のところ無いのですが、あえて挙げるとすると・・・

✔︎ 場所をとる(炊飯器より大きい)
我が家は2.4Lの一番大きいサイズを購入しましたので、それなりに幅を利かせています。小さいサイズもラインナップされてますので、メジャーで測るなどしてサイズ感を確かめてみて下さい。
購入を機に、キッチン回りの片付け + 使用頻度の低い家電や道具の整理、を考えてみるのも良いかもしれません。

✔︎ 5人家族で子供の成長を考えると、もう1台絶対必要

便利さに慣れてしまうのは怖いものです。単純計算ですが、同じ時間で2倍の品数作れることになります。まだ子供が小さいので、それほど量も必要ありませんが、近い将来のことを考えると2台持ちが現実味を増してきます。
シャープさん、ホットクックの新製品って出るんですかねぇ?

✔︎ 炒め物より煮込み系料理が増える

個人的には全く問題ないのですが、火力を必要とする料理はコンロでやらなければいけません。ただ、オーブンレンジや炊飯器、ノンフライヤーなど、火力を使わない手法は色々あります。
献立によって適材適所を考えて時短に挑戦していくのも面白いかもしれませんね。

✔︎ ストック用に大量に作る、のに限界がある

子供の年齢が上がるにつれて、この必要性は高まってくるとは思っています。同じおかずの量で白米を沢山食べてね、と言いたいところではありますが、そうも言ってられない時期がくること間違いなしです。鍋一杯に作る事ができない、という意味では、物足りなさをを感じるご家庭もいらっしゃるかと思います。

ということで、デメリットを減らすべく既に2台目の購入を検討中・・・

ホットクックで挑戦してみた料理も、今後アップしていきたいと思います。

エアビーでシンガポール子連れ旅行を楽しむ方法(準備編)

夏休みはどこに行こう・・・?
大型連休が近づいてくると、ふと考えるようになりませんか?

“夏休み 子連れ 旅行 おすすめ” で、何度Google検索したことでしょう。。。
わが家も毎年試行錯誤しながら、挑戦してます。

2019年はシンガポールに決めましたが、準備編として決定までの過程と日本での準備をお伝えしていきます。

絶対外せないポイント

まずは国内/海外含め大枠から決めて絞っていきました。我が家はまだ子供たちが3人とも未就学児、というのがポイントです。

子供3人(未就学児)+ 大人3人でも楽しめる
✓ 海外
✓ 観光だけじゃなくアクティビティーも
✓ 安く済ます

この4つのポイントだけでも意外と絞れてきます。

× リゾート地 子供がプール/海では楽しめない
× 欧米などフライトが長い国 子供も親もフライト耐えれない
× 物価が高い ケチる気はないが安いに越したことない
× あまり興味ない国 そもそも論ですが

となると、自然とこうなります。

〇 行ってみたい国 そりゃそうだ
〇 東南アジア 物価も◎
〇 韓台中 なんたって近い

とうことで、国別にわが家なりのアイデアを出してみました。

国別で良い点を挙げてみる

これから、みんなで旅行に行く場所を決めるのです!旅行は計画を立ててる時が最もワクワクする、と言うぐらいですから良い点を沢山挙げていくのがポイントです。
悪いところはいくらでも出てきますから・・・

韓国

  • なんたって近い
  • 泊めてくれて、案内までしてくれる韓国人の友人がいる
  • 料理美味しい
  • フライトも宿泊(ただ)も安い

香港

  • 近い
  • ディズニーランド/オーシャンパークある
  • シンガポールに近いイメージ
  • 世界遺産もある(マカオ)
  • ご飯美味しい

台湾

  • 近い
  • 学生旅行で行って楽しかった
  • とにかくご飯美味しい!
  • 台南まで行くと自然も豊か

中国

  • 都市含め選択肢が幅広い
  • 歴史的建造物など多い
  • スケール大

ベトナム

  • 個人的には仕事/プライベートで何度も行ってるが、何度でも行きたい
  • ご飯も美味しい
  • 東南アジアらしさを肌で感じられる
  • ハノイ、ホーチミン、ダナンの3都市くらい行けちゃう

と、ここまで色々挙げてみましたがやっぱり大人目線になってしまいます。
じゃあ保育園児が世界遺産観光して面白い?というのちょっと疑問。何がどう子供の未来に影響するかなんて、今考えても分からないですが流石にまだ早いしすぐに飽きちゃうかな、という印象です。

ということで、多くの方がここになるのでしょう。なんだか試行錯誤してみて妙に納得がいきました。

シンガポール

  • 街がきれい
  • 動物園・水族館・パーク系が充実
  • 英語
  • ご飯も美味しい
  • マーライオンなど子供ウケが良い

全行程

国が決まれば、現地で何するかを大枠で決めていきます。わが家では、刊行誌、ブログ、本から情報集める+会社の現地スタッフに聞く!を実践してます。子供がまだ小さい、と伝えると丁寧に現地情報を教えてくれます。

今回の旅全行程はこんな感じでした ☞ 全行程表
子供がまだ小さいので、基本的に一度宿泊先に戻り、昼食+お昼寝が入ります。ただ朝は早いです!

各種手配

フライト

マイルを貯めてタダでシンガポールへ、も決して夢ではありません。”陸マイル”でぜひトライ下さい。今回、我が家もすべてマイルで5人分のチケットを予約しました(約40万マイル)

フライト時刻について、行きは極力深夜便を使う、と決めています。
主な理由は下記です。

  • 子供がすんなり寝てくれる
  • 有給取らずに行ける(もしくは午後休)
  • 時間の有効活用(現地で朝から動ける)
  • 電車・バスも混んでいない

帰りのフライトは、特にこだわりありませんが、次の日のことも考えて帰宅が遅くなり過ぎないように心がけています。

座席

席にも気を配らなければいけなのが子連れ旅行の大変なところだと思います。とにかく余裕をもってチケットを予約、席も指定するのがベストです。仕事のスケジュールもあり難しいですが・・・ちなみに我が家は今回、5月連休前には予約を入れました。

もう一つ気がかりなのが、パシネット確保。使わないアイデアってないの?って思った方に朗報です、我が家はあえて確保しません。主な理由は下記です。

  • 旅行を前にパシネット確保できたか?が気になる
  • 思った以上に寝ない/起きる
  • 抱っこ紐の方が安心して寝てる
  • 最前列シートは肘置きが固定ではね上げられない
  • テーブル、画面が横から出るので、出入りしづらい

うん、分かる。という方はぜひ下記で席確保して見てください。思ったより快適です。狭い機中ですので、家みたいな快適さを求めてはいけません。。。

おすすめの座席と過ごし方(寝かせ方)は下記です。

  • トイレに一番近い最後尾の横一列か前後
  • 肘置きをすべて跳ね上げて、未熟児はシートに寝かす
  • または授乳枕の上で寝かす(両手使える、映画観れる)
  • 後ろを気にせずフルリクライニング!

小さい子供3人を連れてると、見かねたジェントルなビジネスマンが席を空けてくれることも!最前列だと、もし空けてくれても肘置き固定でベッドのようにできず、荷物置きにしかできません・・・米国行きの時にこれを経験をして以来、最前列は取らないようにしています。

宿泊先

Chelsea Grove 2 Martaban Road

今回大人3人+子供3人(4歳、2歳、0歳)だったので、ホテルだとどうしても1部屋での予約が難しかったり、高くついたりしてしまいます。

ということで、今回は世界192ヵ国で展開されている民泊サイトAirbnb(エアビー)で宿の手配をしてみました。

結論、快適!広い!安い!の三拍子揃って大満足。もうホテルには戻れないと言っても過言ではないくらいです。部屋を選ぶ楽しみもあり、子連れには本当にお勧めです!

エアビーのメリット

  • ホテルより部屋が広く、使い方もフレキシブル
  • ホテルより格段に安い
  • 自炊ができる
  • 自宅のように寛げた(個人的にはホテルより)

誰かの自宅を旅行中だけ貸してもらう、というイメージです。大きな冷蔵庫から炊飯器、鍋、食器、ベッド、マットレス、布団と何でも揃ってます。

洗濯機・乾燥機もあるので一番かさばる衣類も減らせます!

洗濯機+乾燥機

ベッドだと子供が寝ている間に落ちる危険性があり、マットレスを敷いて床でゴロンと寝れるのは子連れにはありがたい!大人は大きなベッドでゆっくり寝れる、というメリットもあり!

エアビーのデメリット

  • 基本的にオーナーとのやり取りが英語
  • トラブルは付き物(まぁ海外ですので・・・)
  • 自炊する場合、家電の有無など確認が必要

今回は大きなトラブルはなかったが、シンクが詰まって流れなくなり自炊がストップ。オーナーにWechatで連絡すると、翌日我々が出かけている間に即刻直してくれました。また、ガスボンベが切れて自炊がストップ!オーナーに連絡すると、1時間後に業者が交換に来てくれました。
トラブル対応は後々オーナーの評価にもつながる重要なポイントなので、とにかく対応が早いです。
LINEやWechat, Whatsappなど現地の方に対応したSMSで旅行前から連絡を取り合っておくと、当日のトラブル対応も非常にスムーズだと思います。

☞気になるお値段と立地/条件

5泊で97,245円(19,449円/泊)
大人3人、2歳以上2人(+0才が1人)を考慮すると1人1泊3,890円
破格です。

主な条件はこんな感じです。

オーナーとは宿泊中会わない8時入室OK
間取り2LDK, 約90㎡炊飯器あり
2ダブルベッドマットレスあり
オートロックのマンションタイプスーパーまで徒歩5分
2つのホーカーズまで徒歩10分ショッピングモールまで徒歩10分
シンガポール動物園まで車で25分宿泊費は事前にカード払い
ムスタファセンターまで車で10分マリーナベイサンズまで車で10分
ガーデンバイザベイまで車で15分

☞こんな方々には本当におすすめ!

✓ オーチャードなどメインストリートから離れても全然気にしない
✓ ホテルにこだわりがない
✓ 自炊したい、ローカルフードを存分楽しみたい
✓ 大人数、子供連れ、複数家族
✓ コスパ重視
✓ トラブルは旅の付き物と思える

でもオーナー含めトラブル時のコミュニケーションなど心配かも・・・という方もいらっしゃるかと思います。でも、スマホさえあれば大丈夫です、何とかなります。

・事前にオーナーとSMS(LINE, Wechat, Whatsappなど)を交換しておく
➡やりとりが早い、電話もタダ、TV電話もタダ、で意思疎通がスムーズになります
 日本でお馴染みのLINEと操作方法は全く同じです!

・英語が心配な方はできる友人、同僚などにサポートしてもらう
➡トラブルでどうしても意思疎通できないとき、英語が流暢な方に頼みましょう
 SMSなら複数名での電話もタダですから

移動手段

海外旅行と言えば、電車や地下鉄、格安バスなど使って切符一つ買うのも迷いながら行くのも一つの楽しみですが、子連れはそうも言ってられないのが現実。。。シンガポールは暑いですし、基本はタクシーがおすすめ。

Uber これ一択かな、と思います。
我が家は、到着日の空港から宿泊先までは空港タクシー2台で行きましたが、他の移動はすべてUberを手配。

Wifi が繋がってる必要ありますので、ルーター手配も忘れずに!

✓ 日本でアプリにクレカ登録可能、現地で即使える
✓ 目的地を入力するので道間違いがない
✓ 来たら乗って、目的地で降りるだけ、その場で支払い不要
✓ アプリにプレートの番号出るので、乗り間違いも無い
✓ 子連れであれば、移動が楽だしコスパ◎

☞ネット検索するとトラブル結構あって心配・・・という方

子連れだとチャイルドシートの事情などで、呼んでみたものの乗車拒否された、など色々出てきますが、一度もそんな事ありませんでした。
むしろ、呼んでくれてありがとう、乗って乗って!という感じ。
拒否されても、また呼べば5分くらいで来ますし、ためらわずにトライする価値ありです。

地元を良く知るドライバーばかりですので、色々聞いてみると面白いですよ!

ドライバーとの会話①
ナイトサファリに行くか迷ってる、どう思う?とドライバーに聞いてみると、夜は動物の光った目しか見えない、しかもまだ小さい子供3人だろ?昼間だけで十分だよ!とアドバイス貰ったので、その通りにしました。

ドライバーとの会話②
6日間もシンガポールにいるのか?3日で十分だよ、はは。残りはマレーシアに渡った方が物価も安いし、次回はそうしな!とも言われました・・・はい、次回そうします。

食事

お金をしっかり出せば美味しい中華なども食べられますが、食事をゆっくり取ってる時間もない子連れ家族には、ホーカーズがとにかくおすすめ。

✓ 安い、美味しい、早い
✓ 主食から天心、デザートまで何でもある
✓ 選ぶの楽しい
✓ 持ち帰り可能
✓ 残っても翌日食べられる

我が家はほぼ毎日利用、子供もホーカーズ行きたい!と連呼してました。(子供も言いやすい!)
当日編の記事で詳細を載せていきます。

揚げ餃子みたいの

そして、エアビーの最大のメリットの一つである自炊できる事を最大限生かすため、自宅からも色々食材/道具を持って行ってます。

お米(2-3kg)レトルト系Cookdo系
混ぜご飯の素ふりかけインスタントコーヒー
子供用お菓子ベビーフード子供用の食器
製氷トレー水筒麦茶ポット
麦茶パックドレッシングスポンジ

生鮮食品や乳製品(牛乳、ヨーグルト)などは現地スーパーで買出し!フルーツも安く種類豊富なので、行くだけでも楽しいですし、ローカル気分を存分に楽しめますよ!ビールももちろん箱買いです。

あって便利だったもの

THERMOSの水筒
とにかく暑いシンガポールでも、朝に氷を一杯に詰めていけば一日冷却を維持。
途中で購入した飲み物を入れても冷たくできるので暑い国では必須です。
我が家は子供含めマイボトル制です!

・簡易ベビーカー
もちろん子供を乗せるためですが、かごやフックを使えば荷物が色々乗ります。
ホーカーズやスーパーでの買出し後も持ち運びが格段に楽になります。
持って行くか悩んだら、持って行くべきだと思います。

・Wifiルーター複数持ち
基本的に家族一緒に行動しますが、はぐれてしまったり別行動することもあると思います。そんな時、各パーティで1台持ってるといざと言うとき便利です。
複数家族で行く場合なども、各家族で1台は持っておくべきでしょう。

この辺まで準備できていれば、あとは現地で楽しむだけ!
現地訪問の様子は、当日編でご紹介していきます。

イグアスの滝を日帰りで楽しむ方法(当日編)

日本での準備編、に続きまして当日の様子を写真中心にお伝えしていきたいと思います。ツアーガイドに任せっきりでしたが、それはそれで楽チン。

ブエノスアイレス早朝発で、夕方には確実にまたブエノスアイレスに戻って来れますよ。1日ぽっかり空いてしまった、時間ないけどイグアスの滝は絶対に見たい!そんな方におすすめです。

【早起きして出発】

4:30
予約しておいたREMISでホテルから空港へ

5:00
ニューベリー空港到着。また夕方○○時に到着ロビーで!とドライバーに伝えて一旦お別れ。トランクに預けたスーツケーとカバンの無事を祈る。

5:05
自動チェックイン機を何度かトライしましたが出来ず、結局カウンターチェックインの列に並びました。かれこれ20-30分かかる、早めに着いといて良かった。

5:30
適当にパンとコーヒーを買って朝食。周りを見ると、同じ飛行機に乗るであろう旅行者は皆結構な重装備。ウィンドブレーカーに大きなザック、登山靴。短パンTシャツにニューバランスのスニーカーで僕は大丈夫か?と一抹の不安に駆られる。(結果、全く問題なかった)

5:55
搭乗開始、いよいよだ

6:15
ほぼ定刻通り離陸(したはず)

機内ではパンなど、簡単な朝食も配られた。着席と同時に爆睡、着陸の振動で起床。

【ガイドと合流してツアースタート】

8:05
イグアスの滝国際空港着

機内でもらった水は持って降りる。到着ロビーでサインボードを持ったガイドが数名待機している、中からすぐに自分の名前らしきのを発見(名前違うし!)。

8:15
早朝からテンション高めに挨拶を交わして、ガイド手配の送迎車に乗り込む。ガイドのマシンガントークで国立公園までの道のりを進むこと10分程度で国立公園に到着。

イグアスの空港からバスがない、タクシーが高い、ロッカー有料、など色々ありますがツアーなら心配無用。なんなら大荷物で来ても、ガイド手配の送迎車が預かってくれる勢い。

8:30
イグアス国立公園 入場
チケット買ってくるからここで待ってて、との指示で写真を撮って待つ。

国立公園エントランス
新 世界7不思議 自然版
(世界遺産とは関係がない)

8:40
歩きながら今日の行程についてガイドと話す。
とにかく、全部見たいし、アクティビティー含めてやりたい!!と伝える。

あっさりOK

とのことで、当日回ったルートはこちら。

マップの青ルート赤ルート → トロッコ → 悪魔の警笛 → トロッコ → アドベンチャーツアー → 遅めの昼食 → 空港へ

《☝クリックで拡大》

歩き始めてすぐに鮮やかなカラーの鳥が。写真を撮っておく。

【歩きながら滝を遠くから楽しむ】

どんどん歩いて進む、まだ朝も早めなので人も少なく木陰が気持ち良い。
だんだんと遠くに滝が見え隠れしてきて、視界が開け撮影ポイント!

素晴らしい!マイナスイオンどころではない。

滝を上から見れるようなコース取りになってくる。穏やかな流れの川が一気に激しい滝に変わる様子が良く分かる。

離れたところから見てても水量に圧倒される。途中、アルゼンチン国旗と滝を入れて写真を撮れるスポットあり。ガイドに頼んだら、綺麗に撮れるように向き、角度、位置まで指定してくる。おかげできれいに撮れました!

滝の下の方に降りてくる。かなりの至近距離で見れるので、音にも圧倒される。朝なので観光客も少なく撮影もスムーズ。

国立公園のシンボルにもなっているアマツバメが滝にダイブする姿も見られる。滝の裏に巣を作り外敵から身を守っている。滝へのダイブは午前中のまだ涼しい時間の方が良く見れるらしいので、やはり早めの動き出しがおすすめ。
NHKが特集を組んだことは現地でも有名みたいです。

青空とのコントラストが綺麗に映えます。随所にこのような綺麗な滝が出てくるので、歩いていても全然疲れを感じないし退屈しません(小さい子供達は退屈でしょうけど。。。)。

【悪魔の喉笛をめざす】

公園内にあるホテル。ここに宿泊すれば滝は目の前なので、4:30に起きなくて済みます。

さぁ、いよいよトロッコ列車に乗って、悪魔の喉笛を目指します。
線路のすぐ横を川が流れてますが、増水時は横の道まで溢れて線路を越えることもあったそうです。列車はのんびり進み穏やかな時間を過ごせますよ。

昔使われていた遊歩道の名残。洪水が起きるたびに、歩道は流されてしまうそうです。自然の圧倒的な力を前に、なす術がありません。

まだ見た目も新しい鉄筋も無残な姿に。
流された鉄筋が滝となって落ちているったと考えると恐ろしいです。

そうこうしてるうちに、いよいよ見えてきました。
離れた場所からでも音が凄い。

橋桁から自分も飲み込まれそうな程の水量です。
これでも水量が多い方ではないそうです。

水しぶきで滝壺が見えなくなるほど。こんだけの水が一気に滝になれば、そりゃこうなります。対岸はブラジル。

《☝クリックして拡大》

スケールがデカすぎて全体が入らず、ついパノラマ撮影してしまいます。

《☝クリックで拡大》

なぜだかいつまでも見ていられる感じがしますが、次に向かいます。

【Great Adventure -滝にダイブ-】

旧ホテル(今は、資料館やレンジャーの宿泊として再利用されている)やレストランが集まる場所へ戻ってきた。ガイドが、ちょっとアドベンチャーツアーの様子を見てくるので待ってて、との指示。アドベンチャーツアーは年齢制限があり、小さい子はツアーに参加できなかったと思います。7歳とかだったかな・・・

待つ事数分、おーぃ!1名空いてるから、ほら乗れ!との事で、気持ちの準備もロクな説明も無くツアートラックに乗り込む。

去り際に、ガイドがフード付きの使い捨てカッパみたいのくれた。ライフジャケットの下に着るんだぞ!いいな?

Great Adventure HPより拝借

ガイドのお姉さんの英語/スペイン語の解説を聞きながら一般道を少し走り、ジャングルに入っていく。皆さん、どこから来ましたかー?オーストラリア、フランス…JAPAN !!(僕です)。20分ほど走って、降りたところから川に向かって歩く(階段)。

おぉーボートも見えてきた!

いよいよ乗り込みます。流れ作業のように、防水袋とライフジャケットを渡されるので急いで間際に貰ったカッパを着る。周りの人はみんなカッパなんぞ着ていない、濡れる気満々だ(むしろ海パン履いてる)。

滝にダイブする直前でボートを止めて、濡れたくないものは全て袋に入れて!と時間をくれるので焦らなくても良いが、向かう途中もそこそこ濡れる。
貴重品や濡らしたくないもの、靴は初めに入れておいた方が良い。

真下から見る滝も壮大で感動もの。

《☝クリックして拡大》

ボートからでないと、この景色は見られない。
美しいです。

奥に見える滝に猛スピードで近づいて行きます。川の流れも早く、相当なスピードでないと逆に流されて危ない感じです。スリルがあって面白い!

残念ながら無防備なiPhone でダイブしたので、その瞬間の写真はありません。。。動画をアップしてる方が沢山いらっしゃるのでご参考にされて下さい。

結局、ガイドにもらったカッパは無意味!ガッツリ濡れます。
防水袋に入れたものは無事です!

来た道を帰る間に、ガッツリ濡れたTシャツとナイロンの短パンはすっかり乾きました。綿シャツとかより、ランニング用シャツにナイロン短パンみたいな格好が着替えいらずで良いと思います。

【遅めのランチ】

14:15
戻ってきたら、さすがにお腹が空いて昼食。
やっぱり肉が食べたい!のでこちらのレストランへ(El Fortin Cataratas)。
ビュッフェスタイルで、好きなもの食べられます。もちろん牛肉も切り分けてくれます!
14時は過ぎてたけど、結構混雑してました。

もちろんビール、ワインも飲めます!冷房も効いてる!
Free Wifiもとんでます。

ぶっ通しでここまできたので、さすがにゆっくり休憩。

【ツアー終了】

15時頃に、国立公園をでる。
公園のエントランスまで戻らずに、レストランエリアまで迎えに来てくれる、ありがたい。バスなどもここから出発していた。

空港に戻ってきて、アドベンチャーツアー代金とチップを渡してガイドとガッチリ握手!今度は家族でおいでよ、また案内するからって!

また必ず来ることを誓って、ツアー終了!